作成者別アーカイブ: nanoka

2016年のヒノキ花粉の時期はいつからいつまで?飛散量は…

2016年のヒノキ花粉の時期はいつからいつまで?

 

スギ花粉と同じような形状をしていることから、似た症状が出やすいといわれているヒノキ花粉。

 

スギ花粉に反応してしまうアレルギー体質の方の多くがヒノキ花粉に対しても反応してしまうようです。 その割合はざっと7割ほどだそうです。

続きを読む

2016年のスギ花粉の時期はいつからいつまで?飛散量は…

2016年のスギ花粉の時期はいつからいつまで?

 

辛い目のかゆみ、グズグズと締りのない鼻。 薬を飲めば頭はボーッとしてしまう…そんな花粉症、辛いですよね。 冬の足音を聞くと、次にやってくるスギ花粉の季節が気になって仕方がないという人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

ピーマンで花粉症?!ビタミンCは豊富だけど……

緑色につやつや輝くピーマン。 いったい何科に属する植物か、ご存知ですか?

ピーマンは、実はナス科に属する一年草果実。 品種としてはトウガラシに分類されているため、英語ではGreen Pepperと呼ばれています。 ピーマンの語源も、フランス語でピーマンを表すPiment(ピメント)からきていると言われています。

続きを読む

ナデシコジャパンは応援、でも花粉症は応援できません……

日本女性の清楚な美しさを称えるときに「大和撫子」というように、ナデシコには「純愛、無邪気、女性の美」といった花言葉がつけられています。

反面、「大胆、快活、勇敢」などの花言葉も持ち合わせているので、サッカー女子日本代表につけられた「ナデシコジャパン」という愛称は、「女性の美と勇敢さ」をうまく表現したものといえますね。

続きを読む

アブラナ科の野菜は花粉症を起こすことも

アブラナ科の野菜には、大根、カブ、キャベツ、白菜など、食卓にのぼるおなじみのものが多くみられます。

一見形がまるで違うこれらの野菜たちですが、同じ苗を京都で栽培したら聖護院大根に、九州では桜島大根に、北信州で育てると野沢菜になったのだそうです。

つまり、気候や風土の違いが影響し、土地ごとに形が違う野菜に成長した!ということなのです。

続きを読む

オオバコの花粉症?一方で健康効果も

オオバコは、日本全土に見られる多年草です。 長さ10cm、幅3~4cmほどの葉が地を這うように開き、真ん中からは10cmほどの茎が伸びています。

茎の先には小さな花がたくさんついた穂がぽつりと言う感じ。。 オオバコは生命力が強く、踏まれても簡単には折れたりしおれたりしません。 そのため、人通りが多い都会の路地などにもその姿が見られます。

続きを読む