カテゴリー別アーカイブ: アレルギーと薬

蕁麻疹の薬、セルテクトドライシロップの効能と副作用

蕁麻疹の薬、セルテクトドライシロップの効能

セルテクトドライシロップは、主に小児の気管支ぜんそくや、アトピー性皮膚炎、アレルギー性の蕁麻疹やかゆみなどの治療に有効といわれています。

続きを読む

妊娠中の蕁麻疹に、アレロックは使用できるか

アレロックの効果と副作用

アレロックは、アレルギー症状の原因物質となるヒスタミンをブロックするオロパタジンという物質を主成分としています。

 

即効性が高く、皮膚のかゆみや蕁麻疹、鼻炎といった症状によく効きます。 そのため、花粉症の諸症状の予防や緩和のために用いられています。

続きを読む

ゼスラン錠とアレロックの違い、併用について

ゼスラン錠の特徴について

ヒスタミンという言葉を聞くこともあると思います。 ヒスタミンは私たちの身体に蕁麻疹(じんましん)を引き起こすだけでなく、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といった症状を発症させる神経伝達物質です。

そのヒスタミンを抑制し、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を改善することができる治療薬に「ゼスラン錠」というものがあります。

続きを読む

ヒルドイドを妊婦さんや赤ちゃんは使用できる?

アトピーの保湿剤、ヒルドイドの効能と副作用

ヒルドイドの効能としては肌の保湿がメインです。皮膚科で診療を受けた際にもっとも多く処方される薬でもありますので、この名前に馴染みがあるという方もとても多いです。

用途としては大人になってからの乾燥アトピーのケアです。

続きを読む

亜鉛華軟膏の塗り方、顔に使用できる?副作用の心配は…

亜鉛華軟膏の効能と副作用

亜鉛華軟膏は酸化亜鉛という成分が配合されている外用薬です。湿潤性の肌荒れ、アトピーなどに有効で、酸化亜鉛が患部の余分な水分を吸収し、乾燥させる効能を発揮します。

続きを読む

アズノール軟膏は唇やまぶたに使用しても良い?副作用は

アズノール軟膏の効能と副作用について

アズノール軟膏は抗炎症の効能を持つ植物由来成分を配合した外用薬です。非ステロイド系の外用薬ということもあり、アトピーなどを抱えた方がステロイド系の薬から脱却するために切り替えることも多い薬品です。

続きを読む

アトピーの保湿剤、サンホワイトの副作用は?またワセリンとの違い

保湿剤、サンホワイトの効能と副作用

サンホワイトはワセリン系列の保湿外用薬で、乾燥タイプのアトピーのケアなどに用いられることが多いです。

ワセリン系の中でも、もっとも不純物が少ないのが特徴であり、稀に発生する不純物由来の副作用のリスクを極限まで低くしたものです。

続きを読む

アトピー性皮膚炎の保湿剤、プロペトの使い方や副作用

プロペトの特徴と使い方

アトピーの保湿対策として用いられることが多いプロペトは、塗布した部分に油性の膜を張り、患部が外気に触れないようにすることで潤いを保つ役割を持った外用薬です。

続きを読む