海外の化粧品に含まれているホルムアルデヒドでアレルギー?


ホルムアルデヒドは非常に強い刺激臭を持つこの物質で、日常生活の至るところに存在しています。

価格が安く、特に多くの建物を建てるための資材や家具などに使われていますが、これ以上に注意したいのが化粧品です。 化粧品の防腐剤として、ホルムアルデヒドが使用されることがあるためです。

 

ただし、日本ではホルムアルデヒドを化粧品に配合することは禁止されているんですね。 でも化粧品のホルムアルデヒドの基準値は国や地域によって異なってくるため、 特に海外の化粧品を手にする時にはここのチェックが欠かせません。

各国の基準値ですが、アメリカはこの基準が設けられておらず、使用が制限無く可能となっています。 ヨーロッパや中国などは0.2%以下の濃度であれば使用可能。これは韓国も同様です。 ちなみに台湾では使用不可となっています。

 

また、ホルムアルデヒドを発生させるホルムアルデヒド遊離型防腐剤については、 その種類によって基準値が異なってくるのですが、諸外国と比べて日本は最も厳しい基準となっており、 ほとんどの種類が使用不可となっています。

ホルムアルデヒドに触れるとアレルギー反応を起こす可能性があるほかに、 過剰に吸い込むことで咳が出たり目が痛くなったりなどの症状を引き起こします。

鼻も強い不快感に襲われ、重症になると結膜炎や皮膚炎などの原因になると言われています。

アレルギー症状の出方は通常ホルムアルデヒドの量によっても変わってきます。 ちょっとした濃度であれば少し嫌なニオイがする程度ですが、濃度が多くなるに連れて刺激が強くなり、 耐えられない苦しさを生じさせることもあります。

ただ、この感じ方は人によっても異なってくるため、少量でもアトピー性皮膚炎などの症状を発症する人もいるでしょう。

他に健康への影響で、懸念されるのがガンとの関係です。 動物実験では既にホルムアルデヒドが発ガン性を備えていることがわかったといった報告もあります。

わたしが現在一押しのコスメは、100%日本・北海道産の原料を使用しています!

 

 

このページとよく似たページ