アトピー性皮膚炎の保湿剤、プロペトの使い方や副作用


プロペトの特徴と使い方

アトピーの保湿対策として用いられることが多いプロペトは、塗布した部分に油性の膜を張り、患部が外気に触れないようにすることで潤いを保つ役割を持った外用薬です。

肌の潤いがなくなってしまうと、同時にバリア機能も失われることになり、そこから深刻な肌トラブルに発展してしまうことが多いです。

特に思春期以降のアトピーの症状としては乾燥してカサカサになってしまう状態のものが多いので、肌の抵抗力が非常に弱まります。そのような状態を保護するために、プロペトを使用します。

 

プロペトは肌にすり込む必要はありません。正しくは、肌に吸収されることがありません。その役割としては患部の表面を覆い、外気に触れないようにすることです。

ただそれだけで肌本来が持つ回復機能を高めることができます。ですから、プロペトを使用して肌の状態が良化したのであれば、それは自身が持つ回復機能が発揮されたということになります。

保湿したい部分に塗布するだけで、しっかりと保湿することができ、本来持っている回復機能を発揮することができるものなのです。

 

プロペトの副作用

アトピーの保湿剤として用いられるプロペトには基本的に副作用がないと言われています。正確には肌に浸透して作用する特別な薬効がないということなんですね。

プロペトはただ肌の表面を覆うだけであり、浸透して細胞に作用することのない外用薬なのです。

ですから、この薬剤が持つ成分などからトラブルが発生してしまうということはあまりないのですが、必要以上に使用してしまう、清潔でない状態で使用してしまうなどの別要因が重なって、肌のトラブルに発展してしまうという例はあるそうです。

 

発生したとしても重篤な症状が起きることはまずなく、あるとすれば雑菌が繁殖してしまったことによるかぶれや赤みなどです。

プロペトは保湿のために使用するものですので、ジュクジュクしたアトピーの症状には効果はありません。肌を保湿して本来の免疫力を回復させるための薬なので、湿潤性の肌疾患の場合は意味がないということをしっかりと認識して用いることが大切です。

乾燥のケアのためだけに適切に用いれば、基本的にリスクはないと言われています。

アレルギーと薬

このページとよく似たページ