蕁麻疹の薬、セルテクトドライシロップの効能と副作用


蕁麻疹の薬、セルテクトドライシロップの効能

セルテクトドライシロップは、主に小児の気管支ぜんそくや、アトピー性皮膚炎、アレルギー性の蕁麻疹やかゆみなどの治療に有効といわれています。

セルテクトドライシロップの主成分はオキサトミドで、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの物質を抑える抗ヒスタミン薬です。 ヒスタミンの働きを弱めることで、アレルギー症状を緩和することができます。

蕁麻疹はかゆみを伴うため、子どもは無意識のうちに患部をかきむしり、肌を傷つけてしまうもの。

かゆみを外部から鎮める軟膏とは違い、セルテクトドライシロップは経口で体の中に取り入れ、内部から症状を改善していきます。

水などで溶いて口に含ませれば0歳時からでも服用することができるので、乳児のアトピー性皮膚炎や何らかのアレルギーによる蕁麻疹が認められる場合には、皮膚科などを受診して処方してもらうことができます。

においはなく、ほのかな甘味を感じるため、子どもも抵抗なく薬を飲むことができますよ。

 

セルテクトドライシロップの副作用

そんなセルテクトドライシロップですが、症状の改善効果が高い分、いくつかの副作用が出ることも認められています。

セルテクトドライシロップの服用による副作用で最も多いのが眠気です。 他にも、下痢、発疹、浮腫、手足の震えが発症することもあるようですが、眠気に比べると発症頻度は低いようです。

また、発現することは極めて少ないのですが、まれに肝機能障害、呼吸困難などのアナフィラキシー症状、血小板の減少などの重篤な副作用があらわれることがあります。

 

「薬を飲んだら眠くなった」程度であれば、大人も普段から経験することで、それほど心配はないでしょう。

しかし、皮膚や白目に黄疸が出てきたり、めまい、発熱、鼻血や歯茎からの出血があらわれた場合には、すぐに医師のもとを訪れるようにしましょう。

これらの深刻な副作用を引き起こさないためにも、セルテクトドライシロップを服用する際には医師の指示に従い、用法・用量をきちんと守って使用するようにしましょう。

このページとよく似たページ