2016年のスギ花粉の時期はいつからいつまで?飛散量は…


2016年のスギ花粉の時期はいつからいつまで?

 

辛い目のかゆみ、グズグズと締りのない鼻。 薬を飲めば頭はボーッとしてしまう…そんな花粉症、辛いですよね。 冬の足音を聞くと、次にやってくるスギ花粉の季節が気になって仕方がないという人も多いのではないでしょうか。

平年よりもずいぶん暖かい日が続く2015年の師走。 翌2016年春の花粉飛散時期はいつ頃ピークを迎えるのでしょうか。

 

日本気象協会が12月2日に発表した2016年春の花粉飛散予測の第2報によると、九州、中国、四国、関東地方では2月上旬からスギ花粉が飛散し始めるという予測が発表されています。 これは、例年に比べてやや早いとのこと。

 

2016年1月、2月の予想最高気温は平年より高く、これがスギ花粉の飛散時期を早めているのだそうです。

 

スギ花粉ははじめわずかな量が風に乗って舞い始め、その後、一定の量飛散がはじまると「飛散開始」と認定されます。

 

このため、予想では2月に飛散開始となっていますが、1月中から花粉に対する対策を取るようにしたほうが良いでしょう。

 

また、スギ花粉が終息する時期は3月の末から4月の初め頃になる見込みです。

 

2016年のスギ花粉の飛散量について

 

花粉症の人には本当に厄介でいやなスギ花粉。 気になるのは、飛散時期だけでなく花粉の飛散量もですよね。 では、2016年はどうなのでしょうか。

 

日本気象協会によると、福岡県では前年比の3倍、愛知県では4倍以上と、非常に多いという予測がされています。

 

一方、中国・関東甲信越地方では平年並み、近畿、北陸、東北地方では少なめではないかとのこと。 とはいえ、昨シーズンの飛散量が例年に比べると多かったという事情があるため、全体的には例年よりも少なめという予報が出ています。

 

このように、毎年花粉症の飛散量が変化する背景には、夏の間の気候があります。

 

2015年の夏は、西日本では気温が低く雨の多い日照不足な日々が多くありました。 一方で東日本以北では日照時間、降水量ともに平年並みで推移しました。

 

気温が高く、日照時間、降水量が多い条件下では、花芽がたくさん形成されるため花粉の飛散量も多くなります。 そのため、東日本以北では2016年の花粉飛散量は多く、西日本は少ないと予測されているのです。

 

花粉皮膚炎ケア

このページとよく似たページ