花粉症と目のかゆみ

白目のかゆみとゴロゴロ感…このいや~な感じ。花粉症でおきる目のかゆみは「アレルギー性結膜炎」と呼ばれているものです。症状としては、目のかゆみのほかに白目やまぶたの裏が充血して腫れぼったくなります。

かゆいからといって目をこすりすぎると結膜や角膜に傷がついて症状がますます悪化するので注意ですよ。目の奥がゴロゴロしたり、まぶしさを感じやすくなったり、涙が出てひどいと目もあけていられない状態になってしまいます。

 

こういう時、コンタクトレンズ派の方は特に悲惨だと思います。花粉症の時のコンタクトレンズですが、使用して良いのかどうか迷われる方もいると思います。

わたしの周りでは、花粉症の時期だけメガネに変える方と使い捨てのコンタクトレンズを使用する方と2種類いるようです。このうち病院に行くと使い捨てのコンタクトレンズをすすめられる場合が多いと思います。

 

使い捨てを使う理由はアレルギー性結膜炎のため普通のコンタクトだと消耗が激しい(汚れやすい)ということだそうです。ご自身の症状によって変えてみるのが良いと思いますよ。

 

目のかゆみ対策としては、まずは必ず病院で診てもらってくださいね。他の症状でも同じですが、よく市販の薬だけで済ませようとする方がいらっしゃいます。

 

花粉症なんてどうせ治らないんだから医者に行くなんて無駄。そう考えていませんか?たしかに治療は難しいですが市販の薬と病院の薬とでは、病院の薬の方が格段に効きます。

 

メガネやゴーグルも役に立ちますが症状がつらいときは湿らせた冷たいタオルを目に当てると結構楽になります。花粉症の目のかゆみがつらいときには試してみてください!

 

 

 

 

このページとよく似たページ