花粉症のマスクは「当てガーゼ」で効果が倍増!

花粉症対策の基本は花粉をいかに排除・回避するかにかかっています。そのためのグッズとしてマスクは重要ですが、本当にマスクって効果があるの?と疑問に思われる方も少なくないと思います。特に花粉症に初めてなったという方に多いですね。

 

わたし自身もマスクの効果は大きいと感じていますが、正直面倒くさいし蒸れて肌荒れの原因にもなります。なので花粉症になりはじめの方が本当にマスクの効果があるのかどうか疑いたくなるのは当然だと思います(効果が薄かったらやりたくないですもんね^^;)

 

花粉症関係の本を調べてみると、どの市販のマスクを使用しても、75%以上の花粉除去効果が確認されているそうです(もちろん、肌との間に隙間ができないように装着してくださいね)

 

 

また大雑把ですが統計として、マスクをすると80%以上の方がくしゃみの回数が減少し、70%以上の方がはなみずの減少、 そして50%以上の方が鼻づまりの改善をしたと感じているのだそうです。

 

 

 

ただ、実はさらに花粉除去効果を高める秘密の方法があります。 (秘密でもなんでもないですが…)…N95マスク?とか良いマスクを使っているからでしょうって思いますか?

 

いやいやいや(笑)N95でも防塵用マスクでもありません。マスクの業者ではないのでそんなことは書きませんよ。はっきりいって市販の安い(不織布)マスクでもこの方法を使うと花粉を10~30%以上カットできます。

 

しかもやり方はすごく簡単マスクの内側にガーゼを当てる。これだけです。当てガーゼをするメリットは花粉を避けるだけではなくて、汚れたら変えることができるので衛生的なのです。

 

また、多少肌とマスクの間に隙間ができても(ぴったりしないマスクでも)花粉の侵入をかなり抑えることができるんですね。当てガーゼは本当におすすめなので、ぜひやってみてくださいね!

 

 

 

 

このページとよく似たページ