花粉症ステロイド注射の副作用と減感作療法

花粉症が重度の場合いっそ注射で治せたら…と思うかもしれません。 ただし色々なところで言われているように、花粉症のステロイド筋肉注射は副作用のリスクも高いです。また長年患った花粉症が消える夢のような治療法と言われていますが実際はそこまでの効果はありません。

 

主な副作用としては色々あるのですが、ムーンフェイスや骨粗しょう症、易感染症、糖尿病が代表的です。 また女性の場合生理が止まったり妊娠中は子供への影響があったりします。人にもよりますが1度注射をしただけで数か月整理が止まった方もいるそうです。

 

 

医療機関でも注射によってしか治療効果が期待できないと思われた場合のみ、ステロイド薬の投与が認められるということです。 また「ステロイド筋肉注射は望ましくない治療法」ということでガイドラインにも記載されています。

 

 

現在まともな医療機関であれば「花粉症でステロイド筋肉注射」を選択することは無いと思われます。

 

 

花粉症でつらい、一刻も早く楽になりたいという気持ちはとてもわかりますし、 普通の治療では効果が感じられないからこそリスクを承知で注射をしたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

それでもわたしなら、もし家族や友人が花粉症の注射をしようかどうか迷っていたら、やっぱりやめた方が良いよと言うでしょうね。

 

 

どうしても注射を受けたいなら減感作注射(アレルゲンを少しずつ注射する)というのがあります。

 

 

減感作療法の場合ネックは時間がかかるということ、また定期的に病院へ行かなければならないので面倒くさいことです。通院の目安としては1週間に1度通える方が望ましいです。

 

 

この面倒くささと時間がかかるということさえ我慢できれば減感作注射は重度の花粉症の方で現在副作用に悩んでいる方、また薬を飲んでも改善しない方におすすめの治療法です。

 

注射をした60~70%の方が花粉症が完治した(花粉を感じにくい体になった)と言われているそうですよ。

 

 

 

このページとよく似たページ