ブタクサと食物(口腔)アレルギー

秋の花粉症で代表的なブタクサですがブタクサに反応する方は食物によっては口腔アレルギーを引き起こす恐れがあります。

注意しなければならないのは主にウリ科の果物、野菜です。 ウリ科の野菜といえばカボチャ、キュウリ、スイカ、メロン、ゴーヤ、トウガンなどですね。

 

そもそも、口腔アレルギーというのは食物を食べた時に口やのどがかゆくなり、唇の腫れや息苦しさなどの症状を起こす病気です。 果物によってひき起こされるときは果物過敏症などとも呼ばれます。 特定の食品が口の中の粘膜に触れることによりアレルギー反応が起きます。

 

口腔アレルギーは酷いとアナフィラキシーショックも引き起こします。 アナフィラキシーショックというのは呼吸困難や血圧低下、意識障害、皮膚炎など深刻なものになると死に至る危険性もあります。

 

アナフィラキシーショックは発症の仕方が急激で、激しいという特徴があります。 なってしまったらすぐに救急車を呼びましょう。その間、体を横にして足を高くするようにしてください。救急隊員の方から指示があると思いますが、できれば家族がそばにいると心強いと思います。(注射を手伝ったりすることがあるので)

 

ブタクサ花粉症で自分が食物アレルギーでは?と思っている方は病院でIgE検査をすると正確にわかりますよ。食物アレルギーは大抵数種類に反応します。

 

対策としては口に入れないようにするしかないのでアレルギーの原因となる食べ物を自分で知っておくことが必要ですね。

 

このページとよく似たページ