紫外線アレルギー・日光過敏症対策

花粉症やアトピー性皮膚炎の方にとって無視できないのが紫外線アレルギー(日光過敏症)です。 紫外線アレルギーというのは、太陽光・日光によってひき起こされる皮膚炎のことです。日光性皮膚炎とも呼ばれています。

 

アレルギー反応を起こすメカニズムは花粉症と同じです。日光を浴びると人の体は、紫外線から身を守るために抗体というものを作るんですね。抗体は体の中に少しずつたまってゆき、一定量を超えるとアレルギー症状として現れることになります。花粉症同様、突然発症したかに思えるかもしれませんが、年々紫外線を浴び続けた結果でもあります。

 

軽度であれば、ピリピリ感、かゆみを伴った湿疹で済みますが重度の場合は痛みを伴って真っ赤に腫れあがったりします。 ほとんど火傷をしたのと一緒ですね。

 

この紫外線アレルギーも今急増しているのだそうです。以下に紫外線アレルギー対策方法を書いてみます。

 

<紫外線アレルギーが疑われる場合>

まずは、皮膚科へ行って検査をしましょう。皮膚炎には様々な原因がありますから、もしかしたら紫外線以外に原因があるのかもしれません。 紫外線アレルギーの場合、検査をすればすぐにわかります。

<日焼けがが酷い時のスキンケア>

重度の場合、火傷と同じですので化粧水や美容液などは酷い腫れが収まるまでは使用できません。多分洗顔もつらいと思います。 そういう時は無理をしないでください。

日焼けが酷い時はまず水や冷たいタオルで冷やします。 それから(出来れば)スクワランオイルを塗って、肌の腫れがひくまでこれを繰り返すと効果的だと医師に言われたことがあります。 スクワランオイル(アイザメの肝油)を使用する場合は純度100%のものを選んでください。 純度100%のスクワランオイルは人間の皮脂に限りなく近いため、肌への負担が少ないからです(個人的には、HABAがおすすめです。)

少し症状が落ち着いたら、こちらの記事もご参考に。⇒「皮膚炎の時の洗顔方法」「肌荒れ時のスキンケア」「皮膚炎と化粧品の選び方※花粉皮膚炎のわたしの体験をもとに書いていますが、アレルギー皮膚炎(紫外線アレルギー)やアトピーの方も同じだと思います。

 

<紫外線をできるだけ浴びないようにする工夫を!>

紫外線アレルギーだとわかったら、(脅かすわけではありませんが)紫外線対策は徹底してやらないといけません。

1日に数度の日焼け止めを塗りなおしたり、帽子やサングラス、日傘は必須、口元も焼けるのでマスクをしたり、唇用にUVカットのリップクリームも出ています。室内にいるときも窓から突き抜けてくる紫外線に注意を払う必要があります。自宅の場合、窓ガラスに紫外線カットフィルムを張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

このページとよく似たページ