紫外線(日光)アレルギーと目の日焼け

紫外線対策は肌だけで良いと思っていませんか?実は目の日焼け対策も重要なんです!

真夏の暑い季節、外に出ると目が充血する、まぶしくて涙が出る、異物感があるなどの症状を感じることはないでしょうか。

症状がひどい場合「紫外線アレルギー(日光アレルギー)」の可能性もあるので眼科の検査が必要です。 (紫外線アレルギーは皮膚の症状もあります。目よりもむしろ肌の症状が気になる場合は皮膚科へ)

 

アレルギーというほどではなくても健康な人でも目の日焼けは起こることがあります。 普通、人の眼は角膜や水晶体というものがあって紫外線から目を守ってくれているのですね。

ですが、長時間外で過ごすことが多かったりすると、角膜や水晶体が傷んで(炎症をおこし)様々なトラブルがひき起こされます。 視力の低下や、白内障をひきおこす原因にもなるので、けして甘く見てはいけません。

 

目の紫外線対策で最も効果的なのはサングラスや(UVカットの)コンタクトレンズになりますがここで注意が必要です。

サングラスは必ずUVカットと表示されているものを選びましょう。

見かけだけ色が黒いサングラスはかえって目を傷めます。単に色の黒いサングラスをかけるのって暗い部屋にいるのと同じなんですよ。 薄暗い場所だと人の目は(光を取り込もうと)瞳孔を開くんですね。UVカットされていない黒いサングラスは紫外線を防御できません。 紫外線はメガネのレンズを突き抜け、さらに開いた瞳孔から体に侵入してゆきます…考えただけでも怖いですよね!

 

なので、「見せかけだけの」サングラスは絶対にやめましょう

 

サングラスは必ずUVカットされていて、大きいレンズ(オシャレじゃないかもしれませんが…^^;)の方が目をカバーする範囲が広いので効果があります。

 

目の日焼けって皮膚と違って気づきづらいですし、気が付いたらアレルギーや白内障に…なんてことにならないためにも注意してゆきたいですね(自戒を込めて)

 

 

 

このページとよく似たページ