11月~12月と冬の花粉症について


他の季節と比べて微量ですが、11月の花粉症といえば、秋のブタクサ・アキノキリンソウがまだ残っていたりしますね。また花粉症と合わせてハウスダストアレルギーの方もいるかと思います。 冬は乾燥しやすい時期なので、花粉症やアレルギーの肌荒れも悪化しがちです。ちょっとした刺激(メイクや服の繊維など)にも反応しやすくなります。

また、スギ花粉も実は春・夏・秋・冬と年間通して飛んでいるのです。スキンケアには特に注意したいですね!

12月にスギ花粉症はさすがに無いのでは、と思う方も多いでしょう。12月といえば本来なら、スギの雄花は休眠しているはずの季節です。 でも実際、冬なのに花粉症の症状を感じている方も多いと思います。

 

あ、ここで「冬」というのは12月のことだと思ってくださいね。 1月の中旬からは花粉が飛び始めるので、1月の花粉症というのはそんなにめずらしい話ではありません。 わたしも、開花予報が出る前から花粉症の症状が出始めます(^^;)

 

ですが、花粉が飛んでいないと思われがちな12月でも、実際ごく微量スギ花粉が飛んでいるんです。

 

スギの雄花は、2月~4月にかけて花を咲かせ多量の花粉をまき散らします。 その後、初夏から秋くらいまでの間に次に花を咲かせるための準備に入るんですね。 冬はいよいよ開花前のお休み期間…といった感じでしょうか。

 

ただ、中には「ひねくれもの」のスギもいたりするんですよね。 これはスギだけではなくどんな植物でもそうですが季節外れに咲く花ってあるじゃないですか。気候や場所の条件はそれぞれ違いますよね。

 

わたしとしては、1月の中旬にはもう花粉症の本格シーズン到来なので、11月・12月くらい休ませてほしい…TTという感じですが…。

 

 

 

このページとよく似たページ