紫外線吸収剤の影響で肌荒れ湿疹をおこす前に!日焼け止めの効果的な塗り方


先日も書きましたが、日焼け止めに入っている紫外線吸収剤の影響で肌荒れや湿疹ができる恐れがあります。 もともと、紫外線吸収剤は、紫外線の皮膚への侵入を防ぐために入れられているものです。

肌を守るための紫外線吸収剤がなぜ人体に悪い影響を与えるのかですが、日光に当たることによって別の有害物質に変わってしまうものがあるんですね。 中には発がん性物質に変わるものもあります。

アレルギー肌・敏感肌の方は、化粧品や日焼け止めに入っていたら避けた方が無難だと(わたしは)思います。

具体的には、以下のものが主な紫外線吸収剤です。

  • メトキシけい皮酸オクチル
  • オクチルトリアゾン
  • パラメトキシけい皮酸2エチルヘキシル
  • パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • オキシベンゾン

では、どんな日焼け止めなら肌荒れ・湿疹のリスクが少ないのでしょうか?

日焼け止めはノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)であることはもちろんなのですが、 ローションやスプレーよりも乳液やクリームタイプが肌に優しいです。 そしてパラベンフリー。

 

日焼け止めは一般に厚塗りするほど効果が高く、薄く塗るほど効果が低いと言われています。 こう聞くと、わたしを含め敏感肌の方は厚塗りってなんとなく肌に悪い感じがすると思います。

でも、仕方ないんですよね…実際日焼け止めってそういうものなんです。 特に、日焼けしやすい場所、頬骨(ほっぺた)の部分なんかは重ね塗りをしておいた方が良いです。 べたつきがどうしても嫌な時は、頬などの日焼けしやすい場所だけ日焼け止めをたくさんつけて、他は薄くという手もあります。

 

本当は、日焼け止めなんて使わないで済むならどんなに良いかと思います(^^;) 肌に良くないし、面倒くさいですよね(紫外線アレルギーの方は面倒なんて言ってられないと思いますが)。

でも日焼け止めをつける煩わしさよりも、後で発生する肌トラブルリスクの大きさの方がはるかに上回っています。 日焼け直後の赤い腫れ、ヒリヒリ感はもちろん、年を取ればシミになって返ってきます。

30代後半になってからの肌質は、紫外線(日焼け)対策をこまめにしたかどうかで全然違う!とわたしは信じています(^▽^;)

日焼け止めは厚塗りが基本、だからこそ肌に優しい日焼け止めを選ぶ必要があるんですね。

そして、そう考えるとやっぱり、こちらの記事で書いた日焼け止めが最高だなぁ…なんてて思います。

品質の高さはもちろん、産地や農薬の心配もありませんし、肌に悪い成分が一つも入っていないのがすごいです(もちろん、個人差がありますが)

この夏は、嫌だった日焼け止めが楽しみに変わる予感♪

 

 

このページとよく似たページ