8月の花粉症とビタミンC


8月の花粉症はブタクサヨモギのほかに、ススキにも注意が必要です。 特にススキはイネ科ですので、同じイネ科のカモガヤやハルガヤに反応する方はススキ花粉症になる確率が高いです。

それにしても、最近ススキって減りましたよね。 わたしの住んでいるところは田舎なので当然ススキが生えていますが、それでも一昔前より大分少なくなった印象です。 札幌のススキノなんて、どこにススキがあるんだい?という感じですし。

小さい時は、あたり一面見渡す限りススキの原っぱ…なんて光景が珍しくなかったのですが。

お月見の時に飾るススキも当然ご近所からとってきたものでした(雑草同前^^;)

 

でも、最近驚いたのはスーパーで「ススキが売られていた」こと。お月見セット用にですね。 あれは衝撃でした…ススキなんてそこら辺にある雑草を売っている!という事実が。

 

…ちょっと脱線しました。花粉症に話を戻します(^^;) 7~8月の花粉症が他の季節よりも注意が必要なのは、紫外線や日光アレルギーと重なる季節だからです。 紫外線で肌がダメージを受けているところに、花粉皮膚炎まで重なるわけですから。肌のお手入れは念入りにしなくてはいけません。

 

ところで、日焼けにはビタミンCが効くと言いますよね。 理由は、抗酸化力があり紫外線に対する抵抗力がつくからだということだそう。

じゃあ花粉症にビタミンCってどうなのかな~と、ふと思ったので調べてみました。 日焼け予防にもなって花粉症にも良いなら、もっとビタミンCとっても良いかなと。

 

そうしたら、ありました! 確かに、ビタミンCが血液中のヒスタミン(アレルギーで痒みを起こす物質)濃度を減少させるそうです。まぁ…今回の記事は遊びというか、気楽に読んでいただければと思います。 ビタミンCを多少とった方が良いかな、的にですね。

 

ビタミンCの効果的な摂り方としては、サプリメントよりも断然食事からがおすすめです。 食べ物からとった場合、サプリメントと比べ吸収率が全く違うのだそうですよ。 (ビタミンCサプリ飲んだ方はわかるかもしれませんが、尿が濃くなることありますよね? あれは吸収されずに排泄されてしまったためだそう)

夏は、フルーツやローズヒップティーでビタミンCをたっぷりとりたいですね。

 

※補足ですが、ビタミンCのシミ消し効果について。 ビタミンCは(食べ物から摂取した場合)既にできてしまったシミには効果がほとんどないそうです。 ただし、体質改善目的で長期的にビタミンCをとればシミができるのを防いでくれるそうですよ! (わたしの読んだ本によると海や川へ行く2週間くらい前から、ビタミンCを摂取すると良いそう)

 

 

このページとよく似たページ