金属アレルギーのかぶれと湿疹。原因は?

金属アレルギーによるかぶれと湿疹の原因、メカニズムはどうなっているのでしょうか?

わたしたちの体が金属に触れると、金属は微量の汗や体液によって溶かされます。 その時金属がイオン化され、体内に入ってくるのですね。 金属イオンはたんぱく質と結合して、アレルギーをひきおこすたんぱく質に変わります。

金属そのものが原因というよりも、変化したたんぱく質が原因でアレルギーが起きるのです。

 

よく、ピアスの穴をあけた時に金属アレルギーになりやすいといいます。 これは、穴をあけたとき直接、皮下組織に触れるからです。

また汗や体液で金属が溶けるということは暑い夏はより金属アレルギーを起こしやすいです。 もちろん、汗は一年中かくものなので夏でも冬でも金属アレルギーになるおそれはあります。

 

金属アレルギーは別名、接触皮膚炎と呼ばれることもあります。

接触性皮膚炎はアレルギー性のものと、そうでないものの2つがあるんですね。

アレルギー性のものは、先ほど言ったように金属が汗などでとけ(感作して)皮膚炎を起こすもののことをいいます。

アレルギー性でない金属の皮膚炎は、金属が体内に入るかどうかは関係がなく (たとえアレルギーを起こしていなくても)特定の金属に触れただけで、かぶれや湿疹が起きるのです。

アレルギー性でない皮膚炎は、金属の毒性が強いほど、かぶれや湿疹、肌荒れがひどくなります。

刺激の強い石鹸や洗剤に触れた時に肌荒れを起こすのと同じですね。

 

こんなふうに、金属アレルギーと呼ばれていても、実際アレルギー以外の理由でなることもありますし、 まだ未知の部分も多いのです。

専門家にとっても判断が難しいといわれているので、相談は信用のおける医療機関にした方が良いと思います。

このページとよく似たページ