9月の花粉症と免疫力を高める食事


9月といえば秋の花粉症の全盛期です。ブタクサ、ヨモギ、ススキ花粉が主流になってきますね。 9月は日中暑くても夜は冷えるなど寒暖の差が激しい季節でもあります。 季節の変わり目ですし、免疫力が落ちると花粉症が悪化するので栄養をつけて体力が落ちないように気をつけてくださいね。

さて、花粉症をはじめアレルギーというのは免疫システムの狂いで起きているといっても過言ではありません。 免疫システムは普通、侵入物を排除するために働くのですが、排除する必要のないものまで取り除こうとした結果 アレルギー反応が起きるのです。

じゃあ、免疫力を高めるためにはどうしたら良いの?ということですが、普段の生活全体の見直しをしなくてはなりません。

特に

  • 睡眠をしっかりとる
  • ウォーキングなど軽い運動を取り入れる
  • 衣服で暑さ寒さの調節をする
  • ストレスを溜めこまない
  • 免疫力を高める食事をとる

などです。睡眠をとる~ストレスをため込まない、までは基本ですがとても大切なことです。 わたし自身も守れていない時がありますね(^^;)…いくら漢方薬やヨーグルトなどが良いといわれても 普段の生活で、免疫力を低下させているのであれば無駄になってしまいます。

では、以上をふまえた上で免疫力を高める食事、アレルギーに効果のある食品というのはあるのでしょうか? 花粉症やアレルギー・アトピーの方は青魚をとると良いと言われています。

 

青魚に含まれるEPA(α―リノレン酸のエイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は 免疫力を高めアレルギー症状を緩和してくれるのだそうです。

少し専門的な言葉でいうと、抗原提示機能と、炎症作用を起こすロイコトリエンB4という物質を抑制します。

DHA&DPAといえば、中性脂肪やコレステロールを抑制してくれるので有名ですが、アレルギーにも、DHAとEPAですよ!

青魚といえば、サバやニシン、アジ、サンマ、イワシなどですね。

秋口のサンマなんて最高ですし、お刺身とわさび(わさびも花粉症に良いと言われています)も良いですね。 できれば食事から自然に取りたいものです。

ああ…何かサンマが食べたくなってきた(笑)

ラベンダーの花とアロマオイル 

 

このページとよく似たページ