2016年のカモガヤ・ハルガヤ花粉症の時期と汗が肌荒れを悪化させる理由


2016年のカモガヤ・ハルガヤ花粉の時期の過ごし方についてです。 カモガヤの時期がいつからいつまでについては、例年通りだと思われます。詳しくはこちらをご覧ください

イネ科花粉に反応するというかたは、ちょうど時期的に汗をかきやすいので肌荒れが悪化する可能性があります

汗をかくと代謝を上がるとか、デトックスになるとかいいますが皮膚科の先生によると根拠はないそう。 それどころか肌荒れの心配が大きいです。

汗でなぜ肌荒れがおきるのかというと、その理由は汗は肌の殺菌力を弱めることがあるからです。 汗をかいたら肌の状態は弱酸性ではなく弱アルカリ性に代わるんですね。

弱アルカリ性になると殺菌力が弱まりますので、その影響から外からの刺激にこれまでは耐えられていたのに耐えられなくなってしまうのです。

また汗を放置していると、ホコリやゴミが付着して肌トラブルの原因になります。

もちろん、カモガヤ・ハルガヤなどの花粉も付着しやすくなりアレルギーの人はより肌荒れしやすくなります。

汗をかいたら放置せず、こまめに拭き取りましょう。 そのためにも、外出先で汗をぬぐえるようなタオルやハンカチをいつも持ち歩くことが大切です。また汗をかいたら、できるだけ早くシャワーを浴びるようにしましょう。

それから敏感肌・乾燥肌の方は夏の保湿も忘れずに。 暑い時期や汗をかいた後は、何となく肌が湿っている感じがして保湿に気が回らなくなります。

汗をかくと皮膚(角質)の水分バランスが一時的に不安定になることから、乾燥肌がひどくなるという報告もあります。

必ず、化粧水だけではなく保湿美容液もつけるようにしましょう!わたしのおすすめの保湿化粧水・美容液は何と言ってもこれ。嫌な汗ですが、体の体温調節のためには必要なものなので、上手につきあってゆきたいですね。

 

このページとよく似たページ