車を運転する人は花粉症の薬に注意!

花粉症の薬は、眠気を伴うものが多いため、長時間車を運転する方、仕事で機械を操作する方、 受験生などは注意が必要です

もし、今まで花粉症の薬を服用したことが無い場合は、必ず病院で(眠くなりにくい薬をと)伝えましょう

花粉症で眠くなりにくい薬というと、多分アレグラや漢方の小青竜湯などを処方されることが多いと思います。弱めのアレグラですら、体質によっては眠くなる場合もあります。

できれば、初めて薬を服用するときは飲んですぐ車に乗るのではなく、休日など運転しないときに 飲んでしばらく様子を見てみるのが良いと思います。

注意したいことは、花粉症の症状がひどいと、和らげばいいやと思ってついつい強い薬を求めたくなるということです。 ですが、一般的に良くきく抗ヒスタミン系の薬ほど眠くなる傾向があります

抗ヒスタミンの薬というのは、花粉やアレルギーによるかゆみやくしゃみ、鼻づまりを引き起こすヒスタミンを抑えてくれるわけですが、同時に眠気を引き起こす作用も持っているため、運転に支障が出る可能性があるのです。 (ちなみに、抗ヒスタミン系の薬の効果が持続する期間ですが4~6時間のものが多いです。)

この抗ヒスタミン薬は花粉症の薬として主流となっており、先ほどの塩酸フェキソフェナジン(アレグラ)をはじめロラタジン(クラリチン)、 エピナスチン塩酸塩(アレジオン)、塩酸セチリジン(ジルテック)、アゼラスチン塩酸塩(アゼプチン)、ベポタスチン(タリオン)…などなど様々な種類があります。

また抗ヒスタミン薬と一口に言っても、第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬に分かれます。

アレグラは第一世代抗ヒスタミン薬になります。

強い鎮静作用を持つ第一世代と比べ、第二世代は眠気をひき起こしにくいとは言われていますが 完全に眠気を起こさないということではありません。

程度の差はあっても、多少の眠気は感じると思います。 飲むタイミングについては十分に気をつけるようにしてくださいね!

 

このページとよく似たページ