登山する人の花粉症対策!~それでも山に登りたい

花粉症で登山が趣味という方もいらっしゃると思います。 今回は、登山家の花粉症対策についてです。

山は花粉が生まれる場所。スギ・ヒノキの林だらけで、開花シーズンは登山を避けた方が良いのは 言うまでもありません。どうしても登らなければならない(登りたい)場合は、自分の体調と合わせて慎重に行動する必要があります。

出来ればハイキングや軽い散歩で気持ちいいと感じる程度にしておくことが大切です。 ハードなコースの場合は体にかかる負担がかなり大きくなります。 ハードな運動をしてしまうと身体が疲労し、抵抗力がなくなり花粉に対する抵抗力が落ちる可能性が出てくるのです。 その結果、咳や花粉症の症状が悪化してしまいます。

登山時の服装としてはマスクとメガネは必須です。

メガネは普通の花粉症メガネではなく、登山用のメガネを使用するようにしましょう。 アウトドア用の、花粉が隙間から入ってこないガードつきのメガネが売っていると思います。 また、レジャー用のサングラスに装着できる専用ガードもあるので、それを手に入れてもいいでしょう。

また、とにかく隙間が出来ないようなしっかりとしたマスクを着用するのがベターですが、あまりにぴったりしたタイプだと息苦しいと感じるかもしれません。そのあたりは、お好みで調節してみてくださいね。

服ですが、モアモアした素材のものは花粉を付着させやすいので、 ウインドブレーカーのようにツルツルして花粉が滑り落ちやすい素材のものを身に纏うようにしましょう。 その上で花粉症対策スプレーをふきつけておけばバッチリです。

…まぁでも、花粉症の症状がひどい場合は無理をして登山をしないのが一番です。 というか、出来ないんじゃないかと思います

わたしは花粉症の季節、登山ではなく、山菜取りで人について山に行ったことがありますが スギ・ヒノキ花粉が乱舞していて、車から降りるだけでも勇気がいりましたよ…(^^;

 

 

このページとよく似たページ