花粉症やアレルギーに油ものが悪い理由


花粉症に悩まされている人は油もの、特にリノール酸や不飽和脂肪酸、オレイン酸を多く含む食事に注意です

特に花粉症以外にも、いくつもアレルギーを持っている場合は、油ものの摂取は気を付けた方が良いです

油にも色々と種類があり、その全てに大量のリノール酸が含まれているわけではありません。 また、リノール酸の摂取が絶対に悪いわけではなく、過剰摂取に注意しなければならないだけという点は押さえておきましょう。

リノール酸が多いとされている食事は、大豆油、コーン油、紅花油、ゴマ油、ヒマワリ油、また肉の脂身や チーズ、卵、バターなどです。

このリノール酸は人の身体の中に入るとアラキドン酸と呼ばれる物質に変化するんですね。

アラキドンは、さらに他の物質(ロイコトリエンやプロスタグランディン)を作り出すなどして体内で働きますが、その時にアレルギー症状を引き起こすことがわかっています。 発熱や痛み、かゆみ、むくみなどのアレルギー症状が出てきます。

リノール酸は、わたしたちの体が自然に作り出せないので、ある程度は食事から摂取する必要があります。 ですが、意識的にとろうと思わなくても必要な分は普通の食事でとることができます(例えば、ごはん2杯を食べれば十分だそうです)

油もの…というか一部のお肉にも注意が必要です不飽和脂肪酸やオレイン酸を多く含む、牛肉、鶏肉、豚肉などは確実にアレルギーを悪化させます。また、卵や牛乳も同じです。 たまに食べる程度なら良いかもしれませんが、過剰摂取は絶対にいけません。

花粉症だから、油ものを控えてみようと思われている方は、特にリノール酸や飽和脂肪酸、オレイン酸を含む油に注意してみてください。

また、食事でのアレルギー体質改善に興味のある方はこちらもご参考ください

 

このページとよく似たページ