卵アレルギーの人はインフルエンザ予防接種を受けられるの?


今回は食品アレルギーの中の卵アレルギーについてです。 卵アレルギーは食物アレルギーの中でも非常に割合が多く、決して珍しい症状ではありません。

卵アレルギーは子供のときに発症する場合が多いですが、大人になってから突然発症する場合もあります

卵は、そのまま料理するだけではなく、揚げ物のつなぎや、お菓子など 卵を使っているように見えないところにも含まれているので、アレルギーを持っている方は大変だと思います。

卵アレルギーの症状ですが、よく見られるのは貨幣状湿疹と呼ばれるものがあります。 これは丸い形の湿疹が身体に現れる症状で、その部分にかゆみが生じることもあるといわれています。 貨幣状湿疹は徐々に大きくなることが多く、ひどい場合湿疹部分が膿んでしまうこともあります。

 

卵アレルギーの人のインフルエンザ予防接種に注意!

卵アレルギーは実は、卵を食べることでアレルギー症状を発症してしまう場合ばかりではありません。

子供はもちろん、働き盛りの方は毎年インフルエンザの予防接種を受けると思います。インフルエンザの予防接種に使われるワクチンは鶏の卵を使用して作られています。

実際に人に摂取する時には卵の成分はほとんど含まれていないのですがゼロではありません。

 

では卵アレルギーの人はインフルエンザの予防接種が受けられないかと言えば、それは人によります

卵アレルギーを持つ人でもこの予防接種によって何か問題が起きる人は、重症の方が多いそうです。 卵を食べるとアナフィラキシーショックが起こってしまうような方ですね。

よほどの強い卵アレルギーでなければ、多少かゆみが出るくらいで副作用は少ないと考えられています

自分が予防接種を受けて大丈夫かどうかは、医療機関で検査しなければわかりません。 面倒ですが、何かあってからでは遅いですし、ぜひ主治医の先生に相談しましょう。

病院では、薄めたワクチンを軽く注入するなどのテストをします。 テストの後、すぐにではなくしばらくたってから反応する場合もありますので 念のために、卵アレルギーの人は予防接種後、すぐに帰るのではなくしばらく病院内にとどまって様子を見るようにしてください。

医師が問題がないと判断すれば、実際にインフルエンザの予防接種を受けてもOKです

 

なのかが4か月でアレルギー体質改善した方法(無料)

は必須項目です

メールアドレス
お名前(姓名)
姓と名はスペースで区切ってください






このページとよく似たページ