コラーゲン(ゼラチン)アレルギーの症状と化粧品

コラーゲンアレルギー(ゼラチンアレルギー)は食物アレルギーのうちの一つです。

健康や美容に良いということで、知らない人いないコラーゲン。 食べ物だけではなく化粧品の成分にも頻繁に使用されています。

コラーゲンと言っても動物性のものと海洋性のものがあり、人によってどちらに反応するのかは異なってくるでしょう。 魚のコラーゲンはダメで、豚のコラーゲンは平気という人もいます。自分の体質を見極めた上で取り入れるようにしなければなりません。

またコラーゲンやゼラチンでアレルギーの起こる方は、たんぱく質にも反応する傾向があります

コラーゲンアレルギーの症状は

コラーゲンアレルギーの症状の出方はその他のアレルギー症状と同様です。 よく見られる症状としてはじんましんや、身体や顔が赤くなる現象、目の周囲が腫れる症状などです。

コラーゲンが配合されているサプリメントはもちろんですが、そういった製品ではなくても、 コラーゲンが豊富に含まれた食品を口にした時に身体に以上のような反応が出た場合には コラーゲンアレルギーを疑ってみる必要があります。

ひどい場合には咳が止まらなかったり呼吸困難の状態に陥ることもあります。 アナフィラキシーと呼ばれる状態にも注意が必要です。

症状が軽い場合には、ただニキビが出来たと思って見過ごしてしまうことが多いようです。

 

コラーゲンアレルギーで使用できる化粧品は?

わたしがブログでよく紹介している化粧品は、オーガニックコスメは基本的にとても肌にやさしいです。

ですが、コラーゲンアレルギーの場合、基礎化粧品の一部に大豆(植物性のタンパク質・コラーゲンと呼ばれるもの)が入っているため 心配ならやめた方が良いでしょう

止めてください』ではなく『止めた方が良い』と書いたのは、厳密には、コラーゲンというのは動物性のものだけで海藻や植物性のタンパク質はコラーゲンとは言わないからです。

コラーゲンは、動物性のタンパク質の中に存在するからコラーゲンなんです。

ですので、こちらの化粧品も本当はコラーゲンアレルギーでも問題ないはずなんです…(^^;

常識なのですが、植物性コラーゲンという言葉が一人歩きして世間に広まってしまっているので、 わたしも(わかりやすいため)植物性コラーゲンという言葉を使っています。

素晴らしい化粧品なので、もし大豆に反応はしないよということでしたらトライアルでお試ししてみてください。レビューはこちらに書いてあります。

 

 

このページとよく似たページ