花粉症皮膚炎になってしまったら  花粉皮膚炎が急増中!

tree1

ご存知の通り、花粉によるアレルギーを花粉症といいます。その中でも皮膚に花粉が付着して起こるものを花粉症皮膚炎(花粉皮膚炎)と言います。

 

毎年花粉が多く飛散する時期になると悩まされる肌や目のかゆみ、くしゃみや喉の痛み…といった症状。 特に、成人・働き盛りで発症することが多いので仕事にだって差し支えますしつらいですよね><!

 

花粉症は生死にかかわるほど重症化することはほとんどないといわれていますが、 生活するうえで(花粉症皮膚炎の場合はかゆみで集中できない、眠れないなど)悪影響を及ぼします。

 

少し前まで大人の病気だと思われることが多かった花粉症ですが最近は子供にまで広がっているそうです。

 

花粉症の先進国欧米では、発症しやすい年齢がすでに小学生前後からだとか…。

日本も欧米の後を追っていると言われているので、これは心配ですね。というか、すでに私の周りの若い子も花粉症が増えている印象です。

 

花粉症は一度なると短期で治ることはまずありません。悲しいですが一生のお付き合いとなることが多いです。それだけに花粉症の低年齢化は深刻ですね。

 

 

お子さんをお持ちの方であれば、子供の時からつらい花粉症なんて…と心を痛めるのではないでしょうか。ただ、悲観していてもはじまりません。病院に行って症状を和らげることはできますしマスクやメガネなどで対策をとることができます。

 

わたし自身花粉症皮膚炎(肌荒れ)がひどかったのですが、病院の薬を塗ったり、肌に優しい石鹸やコスメを使用することでかなり良くなったんですよ(*^^*)もちろん、それだけではありませんが…。今ではかゆみや痛みを感じることはあっても日々の生活に差し障ることはありません。

 

 

花粉症皮膚炎になってしまったという方は、これからゆっくり改善してゆきましょう♪

 

ラベンダーとアロマボトル

 

 

このページとよく似たページ