花粉症肌荒れ時のスキンケア

loo6-1

花粉症で皮膚炎で肌がボロボロ…乾燥肌&敏感肌が悪化してどうしようもない!と思った時のスキンケア方法です。

本当に、花粉症で皮膚炎を起こすとどうしてこんなに乾燥するんでしょうね。まさに砂漠です。その上、砂嵐が吹きすさぶような…。わたしも今でこそなれましたが、あまりの乾燥のスピードに戸惑いました。花粉症皮膚炎では肌のピリピリ感とともにかゆみもあると思います。かゆみの方は病院の薬に頼るしかありません。

 

ここを読まれている方は、すでに花粉症の検査ずみだと思うのでステロイドの塗り薬を処方されたりしていますよね。ステロイドは長く使用すると副作用があるといわれていますし、わたしも怖いのでかゆみが酷いときにだけ使用するようにしていました。病院の薬は、ステロイドに限らずある程度慣れたら自分で加減して使用したほうが良いと思います。

 

 

かゆみ対策のほかにわたしがスキンケアで気を付けていたこと、それは洗顔と保湿とメイク(パウダーファンデーション)です。これから、洗顔⇒保湿⇒メイクと順を追って書いてみようと思います。

 

 

まず洗顔についてですが、肌荒れが酷いと洗顔もつらいかもしれません。でもこれは肌の健康のためにもやらなければなりません。

 

 

洗わないスキンケアが流行っているとかで朝と夜きちんと洗顔をしない方もいるそうです(^^;)朝は軽くすすぐ程度、夜はクレンジングだけ…というような。これは絶対やめた方が良いです。肌に油分が残ったままだと酸化されて肌の老化の原因になってしまうからです。

 

 

だからといって、洗浄力の強い洗顔料を使用して洗いすぎるのも危険です。

loo15-1

 

わたしはこちらの固形石鹸を使用していますが(詳しいレビューはこちら)とっても肌に優しいです。花粉症皮膚炎はもちろん、アトピー体質の方も安心して使えると思います。普通の石鹸よりも、ややお値段が高いので花粉症の時期だけの使用でも良いかと思います。

 

 

それから保湿について。花粉症やその他アレルギーで肌荒れした時こそ保湿が命!です。以前書いたように肌荒れが酷い時は化粧水は無理して使いません。これは病院でもアドバイスされたことです。そのかわり、保湿クリームは必ず使用します。

 

 

肌荒れした肌をそのままにしておくと水分がどんどん蒸発して肌がさらにパサパサになってしまいます。

 

loo9-1

 

こちらはわたしの愛用のの美容液とクリーム。もちろん、合成界面活性剤も防腐剤・保存料も使用していません。

肌の状態が酷い時に、今までの化粧品が使用できなくなりましたがオラクルの美容液とクリームで助かりました。特に乾燥しやすかった目元が、かなり調子良くなりましたよ。べたつかないのにしっかりガードされている感じですね。

 

化粧水は肌の調子が良いときは使用しています。浸透力が高く水分がたっぷり染み込んでゆく感覚が気持ちが良いんです…♪砂漠肌に恵みの雨という感じ。(どんな化粧品もそうですが、いきなり購入せずまずはお試しセットで必ずパッチテストをしてくださいね)

 

わたしの使用している美容液とクリームについてはこちら⇒オラクル公式サイト



そして最後にメイク。

 

loo13-1

 

わたしは必ずパウダーファンデーションを使っています。

 

 

なぜパウダーファンデかというと、リキッドは乳化剤(界面活性剤)が入っているので刺激が強いのです。 またリキッドファンデは液体(水分入り)なので基本防腐剤も入っています。アトピーや皮膚炎に悩んでいるのにリキッドファンデなんてありえません(^^;)そのくらい肌に悪いので注意してくださいね。

 

パウダーファンデーションはリキッドやクリームタイプと違い界面活性剤が入っていません。液体ではないため、防腐剤もほとんど使用されていません。あと、実はパウダーファンデは紫外線もカットしてくれるってご存知でしたか?

 

メーカーは関係なく(ちなみにわたしは今トゥヴェールのミネラルファンデを使用しています。)、パウダーファンデーションは使用するだけで紫外線散乱剤の効果があるのだそうです (紫外線散乱剤というのは、紫外線を肌の上で反射する物質のことです)

 

日焼け止めの上にパウダーファンデーションを使用すれば相乗効果が期待できますよ。花粉症皮膚炎やアトピーの方はもちろん、美肌を目指すならパウダーファンデ!とわたしは思っています。

 

 

以上が、わたしが実際にやっているスキンケアの流れでした!