タグ別アーカイブ: 花粉症

芝生にご用心!スズメノカタビラと花粉アレルギー

時々、芝生でアレルギーを起こす方がいます。これは、芝生に生えるイネ科の雑草、スズメノカタビラのせい。

スズメノカタビラはどこにでもと言ったら大げさですが、他にも河川敷や空き地など広い範囲に生育し、決して珍しい植物ではありません。 伸びても10cmちょっとほどの高さしかないため、特に目立つ存在でもありません。

続きを読む

ハンノキ花粉の飛ぶ時期とピークは

ハンノキは花粉症を引き起こす植物のひとつとされています。

若い人はハンノキと聞いてもピンと来ないかもしれません。 一見地味な存在の木ですが、細長くて特徴のある花を見たら、多分誰もが「ああ、この木のことか」と思うでしょう。

続きを読む

フマキラーアレルシャットの成分と酸化チタンについて

顔にスプレーして花粉症を予防するフマキラーのアレルシャット。ドラッグストアで気軽に買えます。病院の薬やマスクと比べれば効果は落ちますが、症状が軽減されたという声も多いです。

ですが、アレルシャットの成分が気になったのはわたしだけではないはず。

特に敏感肌、アレルギー肌の人は成分がわからないと怖くて使うことができません。 今回は、フマキラーのアレルシャットの成分について自分用にメモしておきます。

続きを読む

登山する人の花粉症対策!~それでも山に登りたい

花粉症で登山が趣味という方もいらっしゃると思います。 今回は、登山家の花粉症対策についてです。

山は花粉が生まれる場所。スギ・ヒノキの林だらけで、開花シーズンは登山を避けた方が良いのは 言うまでもありません。どうしても登らなければならない(登りたい)場合は、自分の体調と合わせて慎重に行動する必要があります。

続きを読む

車を運転する人は花粉症の薬に注意!

花粉症の薬は、眠気を伴うものが多いため、長時間車を運転する方、仕事で機械を操作する方、 受験生などは注意が必要です

もし、今まで花粉症の薬を服用したことが無い場合は、必ず病院で(眠くなりにくい薬をと)伝えましょう

続きを読む

北の国からのオオハンゴンソウ、駆除は難しいけど花粉症の心配は無い?

オオハンゴンソウは7月から9月にかけて黄色の花を咲かせるキク科の植物です。 全国的に見ることができますが、北海道や東北の人にとっては特になじみのある植物ではないでしょうか。

オオハンゴンソウは、その異常な繁殖力のため、在来種の生態系を乱す恐れがあり邪魔者扱いされてきました。

続きを読む

赤松(アカマツ)花粉症と時期について

赤松(アカマツ)でも花粉症になるのをご存知でしょうか?

スギやヒノキと比べれば、それほど多いわけではありませんが今回は赤松花粉症について書いてみます。赤松は、北は北海道から南は鹿児島の屋久島まで広く見られる松です。

続きを読む

トチノキ花粉症(マロニエ花粉症)と時期について

今回はちょっとめずらしい花粉症について。トチノキ(栃の木)というのをご存知でしょうか。

トチノキは東北や北海道ではおなじみの落葉樹なのですが、関東より西にお住いの方にはなじみが薄いかもしれません。 家具や臼などに使われたり、またトチノキの花からとれたハチミツは芳醇で美味しいと評判が高いです。トチノキの実はクリに似た形をしています。

続きを読む

10月の花粉症と目の周りの赤みの原因

10月のこの時期、目の周りの赤みや乾燥が気になったりしませんか? 赤くなって、皮がむけたり、湿疹ができたりしたらもしかしたら秋の花粉症かもしれません。

続きを読む